048-866-7770 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00-18:00

浮気・不倫慰謝料の計算方法

  1. 弁護士 大谷部 雅典(新埼玉法律事務所) >
  2. 離婚に関する記事一覧 >
  3. 浮気・不倫慰謝料の計算方法

浮気・不倫慰謝料の計算方法

浮気・不倫について、特に浮気についてはその定義が人によって異なりますが、一般的には恋人がいるにもかかわらず他の異性に愛情が移ることを浮気といい、浮気自体に法的な問題は生じません。そして、浮気の当事者のうちどちらかが既婚者である場合を不倫といい、不倫がなされた場合には慰謝料などの法的問題が生じます。

そして、不倫が認定される場合には当事者間に不貞行為、すなわち肉体関係を結んだ行為が認められることが必要となります。

では、パートナーに不倫をされてしまった場合には、どのように計算して慰謝料を請求することができるのでしょうか。

■不倫が発生した場合の慰謝料
不倫が発生した場合の慰謝料の相場は50万円~500万円となります。この相場は不倫の内容や、不倫をしたときの当事者間における状況などによって異なります。具体的には、不倫を原因に離婚をした、別居をした、離婚も別居もしなかった、という順に慰謝料は下がっていきます。

また、不倫がなされた際の当事者の婚姻期間が長ければ長いほど慰謝料は高額になります。具体的には、婚姻期間が15年以上の当事者のどちらかが不倫をし、不倫を原因に離婚してしまった場合には300万円を上限に慰謝料を請求できることとなります。

逆に、婚姻期間が3年以下という短期であり、不倫をしたが離婚も別居もしなかった場合には、50万円を上限に慰謝料を請求できるという目安が存在します。

■慰謝料は誰に対して請求できる?
慰謝料を請求する相手としては、①パートナー、②不倫・浮気相手だけ、③パートナーと不倫相手の両方という3つのケースがあげられます。

誰に対して請求するかは、不倫をされた当事者の方が選択して決定することとなります。

請求する際には、パートナーと不倫をふまえて離婚するかしないかといった事柄に応じてその請求先を決定することとなります。

当事務所では、埼玉県、東京都を中心に、関東全域の皆様から、相続、離婚、損害賠償に関するご相談を多く承っております。その他、民事、家事一般、刑事事件に関するご相談も承っております。
不倫・離婚問題についてお悩みの方は、弁護士 大谷部雅典(新埼玉法律事務所)までお気軽にご相談ください。

弁護士 大谷部 雅典(新埼玉法律事務所)が提供する基礎知識

  • 相続の承認または放棄をおこなう

    相続の承認または放棄をおこなう

    相続人は、相続開始から3ヶ月以内に、相続財産について、単純承認・限定承認・相続放棄のいずれの方法をとる...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    結婚した際、夫婦が新しい戸籍をつくり、同じ姓を名乗ることとなります。しかし、離婚した場合、別々の性に戻...

  • 内容証明による請求

    内容証明による請求

    内容証明とは、いつ、いかなる内容の文書を誰から誰へ差し出したかについて、差出人が作成した謄本によって日...

  • 面会交流権

    面会交流権

    離婚後、親権や監護権を持たない一方の夫婦が子供と立ち会う権利を、面会交流権と言います。 離婚しても、子...

  • 不倫した妻と離婚するには

    不倫した妻と離婚するには

    「単身赴任中に妻の不倫が発覚した。離婚を検討しているが、妻には拒否されている。どうにか離婚することはで...

  • 遺産の範囲

    遺産の範囲

    遺産相続においては、被相続人が生前有していた全ての権利義務が承継されるわけではなく、相続の対象となる遺...

  • 不動産相続

    不動産相続

    被相続人が土地やマンション等の不動産を所有していた場合には、以下のような手続きが必要となります。 ■...

  • 相続に関するご相談は弁護士大谷部雅典にお任せください

    相続に関するご相談は弁護士大谷部雅典にお任せください

    相続について弁護士に相談することには、以下のようなメリットがあります。 まず、相続手続きにかかる時間...

  • 遺留分

    遺留分

    法律上、一定の法定相続人については、最低限相続できる遺産が割合として定められており、これを遺留分といい...

よく検索されるキーワード

ページトップへ