048-866-7770 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00-18:00

川越市 相続 相談

  1. 弁護士 大谷部 雅典(新埼玉法律事務所) >
  2. 川越市 相続 相談

川越市 相続 相談に関する基礎知識記事や事例

  • 相続に関するご相談は弁護士大谷部雅典にお任せください相続に関するご相談は弁護士大谷部雅典にお任せください

    相続について弁護士に相談することには、以下のようなメリットがあります。 まず、相続手続きにかかる時間や手間がなくなります。 遺産相続にあたっては、多くの手続きを済ませる必要があり、また手続きご...

  • 不倫した妻と離婚するには不倫した妻と離婚するには

    「単身赴任中に妻の不倫が発覚した。離婚を検討しているが、妻には拒否されている。どうにか離婚することはできないだろうか。」 このように、奥様の不倫が原因で離婚を検討されていらっしゃる方は、少なくあ...

  • 越谷市で弁護士に遺産分割を相談するには越谷市で弁護士に遺産分割を相談するには

    遺産分割とは、相続する財産のうち、相続人が話し合って、誰がどれだけの財産を受け取るのかを決めることをいいます。 遺産分割協議にあたっては、まず、遺言書の有無を確認します。 ・遺言書がある場合...

  • 人身事故の慰謝料請求人身事故の慰謝料請求

    「交通事故の怪我の治療のため通院している。慰謝料を請求したいが、どの程度請求することができるのだろうか。」 「交通事故の被害に遭い入院中だが、慰謝料と治療費は分けて請求することができるのだろうか...

  • 相続財産を調査する相続財産を調査する

    相続の際、特に遺産分割にあたっては、被相続人(亡くなった方)がどれだけの財産債務を有していたか、すなわち相続財産について、調査する必要があります。 このとき、被相続人が有していた不動産や預貯金、...

  • 遺産の範囲遺産の範囲

    遺産相続においては、被相続人が生前有していた全ての権利義務が承継されるわけではなく、相続の対象となる遺産には範囲が定められています。 まず、被相続人の「一身に専属」する権利については、相続の...

  • 越谷市で弁護士に遺言書を依頼したいと考えている方越谷市で弁護士に遺言書を依頼したいと考えている方

    主に、遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。 ・自筆証書遺言 自筆証書遺言とは、遺言者が自分で紙に書き記す遺言書のことで、紙とペンと印鑑があれば作成することが...

  • 遺言書・遺言の検認をおこなう遺言書・遺言の検認をおこなう

    相続が開始したら、まず、遺言書の有無を確認する必要があります。 遺言があった場合、基本的には法定相続分に関わらず遺言の通りに相続する事になります。 ■遺言の種類 遺言は、一般的に以下のような種...

  • 不動産相続不動産相続

    被相続人が土地やマンション等の不動産を所有していた場合には、以下のような手続きが必要となります。 ■相続登記 遺産分割協議等を経て自分が当該不動産を相続することになった場合、当該不動産について...

  • 法定相続人を確認する法定相続人を確認する

    亡くなった方の財産を誰が相続できるのかを考える上で、民法の定める法定相続人の仕組みについて理解する必要があります。 遺産を分割するには、誰がどれだけの割合で遺産を相続できるのか、把握しておく必要...

弁護士 大谷部 雅典(新埼玉法律事務所)が提供する基礎知識

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    監護権とは、親権に含まれる子供に関する権利のことを言い、共に生活をし、世話や教育を行う権利です。 つ...

  • 過失

    過失

    過失とは、予見可能性を前提とする予見義務違反及び結果回避可能性を前提とする結果回避義務違反のことを言い...

  • 遺言により遺産分割する

    遺言により遺産分割する

    被相続人の遺言があった場合には、当該遺言は、遺産分割協議に優先します。 したがって、遺言により遺産分割...

  • 遺産分割協議により遺産分割する

    遺産分割協議により遺産分割する

    被相続人の遺言がなかった場合、また遺言に相続の割合しか書かれていなかった場合には、遺産分割協議によって...

  • 相続のための事前準備

    相続のための事前準備

    相続が開始すると、様々な手続きに追われることとなります。 相続手続きを円滑に進めるためには、相続に向け...

  • 財産分与

    財産分与

    婚姻生活中に夫婦で協力して築けあげた財産を、それぞれの貢献度に応じて、離婚の際に分配することを財産分与...

  • 調停離婚

    調停離婚

    協議離婚による離婚が成立しなかった場合、家庭裁判所へ離婚の調停をします。この調停により成立する離婚を調...

  • 相続の承認または放棄をおこなう

    相続の承認または放棄をおこなう

    相続人は、相続開始から3ヶ月以内に、相続財産について、単純承認・限定承認・相続放棄のいずれの方法をとる...

  • 再婚した場合連れ子の相続権はどうなる?

    再婚した場合連れ子の相続権はどうなる?

    再婚した場合、連れ子の相続権はどうなるのでしょうか。 民法上、被相続人の血族とその配偶者が相続権を有...

よく検索されるキーワード

ページトップへ